鯰さんの原稿はいつも優しさたっぷり、それでいて人や物を見る視点がきらりと光っており、
編集として最初の読者になれることがいつも楽しみ、そして光栄です。ありがとうございます。